マナリアやランプドラゴンとも戦えるアグロネメシスでAAローテランクマ日記

f:id:aisakayo:20190107192841j:plain

こんにちは、冬になりホッカイロを手放すことができない桜雨です。

今回はもろりんさんのアグロネメシスの動画を観て、「いいなー、アグロネメ」と思い、自分なりに作ってみました。

基本的な戦い方はもろりんさんの動画に準拠するので、詳しくはそちらを参考にしたほうが役に立ちます。

これはALTアディショナルカード追加前のローテAA帯でランクマに潜った感想記事になります。他のランク帯では通用しない可能性があります。

アグロネメシスデッキがこちら

f:id:aisakayo:20190107193055j:plain

カード一覧

1コスト「ゴブリン」3枚

2コスト「ハーメルン」3枚、「フラワードール」3枚、「リトルパペッター・ロココ」3枚、「破壊の信者」3枚、「レジスタンスの指導者・ルキナ」3枚

3コスト「飢餓の輝き」2枚、「清新なる銃設計士・ククル」3枚、「パペットルーム」3枚

4コスト「破壊の絶傑・リーシェナ」3枚

7コスト「飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」2枚、「奮励の儁秀・シルヴァ」3枚

8コスト「人形の少女・オーキス」3枚

9コスト「断罪者・シルヴィア」3枚

正直、1コストのゴブリンは破壊の信者で破壊できないため、ドローできず不便な面もあります。

そのため、1コストのネメシスフォロワーを採用したほうがいいかもとは思いますが、チョイスで手に入るアミュレットが邪魔になりそうなので、結果、ゴブリンのままです。

3積みしたいレジェンドと減らしてもよさそうなレジェンドは?

シルヴァとリーシェナは必ず3枚必要。レジェンドを減らすなら、シルヴィアとオーキスを1枚ずつ減らして、2積み。

ロココはあると嬉しいけれど、ギリギリなくてもなんとかなるかも。エンハンスで雑に投げると、テディベアがギルネリーゼでバフされたり、進化+飢餓の輝きで強化されてしまうので、前ほど使い勝手が良くない印象。

それでも、操り人形が重要なデッキなので、手札に人形供給カードがない場合、テディベアから供給される操り人形がとても貴重なものになります。

そのため、テディベアが強化されても大型フォロワー処理+人形入手ができるロココは強カードです。

ギルネリーゼは本来なら3積みが必要なカードだと思います。人形バフでの盤面処理+体力回復という重要な役目を持ちますが、私は2枚しか持っていないため、2積みです。

戦い方

3ターン目にアクセラレートのシルヴァを出してライフを削りつつ、白黒アミュレットか黒オーキスでのリーサルを狙っていきます。

相手の体力が4以下であれば、シルヴィアのファンファーレで勝つことも可能です。

キーカードはシルヴァとパペットルーム。

パペットルームで得た操り人形を使って、白き破壊のアーティファクトのコストを下げていきます。

中盤、操り人形数体+ルキナを並べることで、盤面にフォロワーを展開することが可能です。人形を温存し、ギルネリーゼで人形をバフして攻撃力3にして盤面処理もできます。

このデッキの長所

長所1 メタられない限り、アミュレットで相手の体力を削り切れる

リーシェナの白黒アミュレットはメタられない限り、確実に相手のライフを削ることができます。

現在はドラゴンとウィッチ環境でネメシスが少ないため、白黒がメタられることはほとんどありません。

ただ、アミュレットを消滅させることができるサタンドラゴンは要注意です。

マナリアは守護フォロワーを並べることが得意ですが、黒き破壊のアーティファクトはそれらを問答無用で倒し、相手のリーダー体力を減らしてくれます。

長所2 勝ち筋が複数存在

白黒アミュレット、黒オーキス、稀にシルヴィアと勝ち筋が3つもあるので、その時に応じたプランを取りやすいです。

ただし、白黒アミュレットは先攻だと勝ち筋になり辛いです。

後攻リーシェナ進化だと最短で白き破壊のアーティファクトを6ターン目に置けるのですが、先攻だと白き破壊のアーティファクトを置けるタイミングも遅れるため、黒き破壊のアミュレットを置くタイミングが遅くなってしまいます。

これだと、リーサル力の高いマナリアやドラゴンに負けてしまう確率が上がってしまいます。

このデッキの短所

短所1 手札が不足しやすい

ほとんどドローソースが入っていないので、当たり前ですが手札が枯渇しやすいです。

先手ならば2回、後手ならば1回破壊の信者でドローをしたいです。人形を溜めこむデッキなので、ドローをし過ぎても手札が燃えてしまいます。

短所2 3ターンシルヴァが勝率に直結

私が参考にしたもろりんさんも言っていたのが、「マリガンはシルヴァ全力」

このデッキは操り人形により盤面の処理には長けますが、ロイヤルやエルフのような展開力には一歩及ばないため、敵のリーダー体力へダメージを与える力が弱いというのが欠点です。

そのため、シルヴァを3ターン目に使うことで相手のリーダー体力を削り、8ターン目や9ターン目にアミュレットやオーキスでリーサルができるように持っていく必要があります。

キーカードを引けるかどうかに全てが掛かっています。

 対面

私の戦い方が悪いのかもですが、アーカスネクロは苦手です。相手のフォロワーが並ばなくなるため、黒き破壊のアミュレットのコストも下がりが悪くなりますし……。勝ったことがないです。

マナリアとランプドラゴン相手にはロングゲームに持ち込まれない限り、そこそこ勝ちを拾えます。ランクマにほとんどいないアグロネメで相手の不意を突いて勝利をもぎとるような感じです。

アーム力が試されるデッキ

少ないドローソースの中でキーカードを引きつつ、マナカーブを繋ぐことができるかというアーム力が試されるデッキです。

アーム力がある時は10戦中6勝しましたが、それっきりアーム力がなくなりました……。

環境にアグロネメが少ないのはアーム力が試されるため、ランクマに不向きというのと堕天でのメタが容易という事情もあると思います。

プレイングも人形を温存するべきか消費するべきかというベストの選択を選ぶのが難しいです。

しかし、この辺りはいかに細い勝ち筋を拾えるかどうかを試されているようで、アグロらしくて楽しい部分でもあります。