レジェなし暗黒ウィッチでローテAAランクマ日記

f:id:aisakayo:20190122193834j:plain

こんにちは、あっくさんの開闢マナリアウィッチの動画を観て、「開闢1枚しかないけど開闢ウィッチ作るぞ!」と思ったら、暗黒ウィッチを作っていた桜雨です。
暗黒ウィッチデッキは呼び覚まされし禁忌がローテ落ちしてからはもう作れないと思ったのですが、今期で強カードが多数追加されたのでまた作れました。

ただ、すっごく強いわけではないので、フリマでミッションを消化する程度にはいいかなって感じです。

デッキがこちら

f:id:aisakayo:20190122194007j:plain

【1コスト】「知恵の光」3枚、「マナリアの知識」3枚

【2コスト】「ルーキーマジシャン・サミー」2枚、「未来視の魔女」3枚、「マジックミサイル」3枚、「ウィンドブラスト」3枚

【3コスト】「天外の華・エレノア」3枚

【4コスト】「開闢の錬金術師・カリオストロ」3枚

【5コスト】「運命の導き」3枚

【6コスト】「真実の宣告」2枚

【7コスト】「暗黒の召喚士」3枚

【8コスト】「炎の握撃」3枚

【9コスト】「真実の狂信者」3枚

【10コスト】「フレイムデストロイヤー」3枚

デッキコンセプト

基本はドロー

ドローをしまくって、デッキ枚数を20枚以下にして暗黒の召喚士とスペブでコストを下げたフレイムデストロイヤー真実の狂信者を一緒に出して、相手を倒すというもの。

暗黒の召喚士が7コストですが、7ターン目にデッキ枚数が20枚以下になることは稀なので、8や9ターンなど遅いターンで出すことが多いです。

……正直、暗黒の召喚士を出さなくても勝てる場面が多かったけど、よく切断と煽りもされた。

デッキを20枚以下にするためにドローを最優先にするというデッキの性格上、対面を意識した丸い構築ではなく、尖らせています。

手札事故の確率は高め

マナカーブが極端なので、手札に重いコストのカードばかりで回らないという手札事故も起こりやすいです。

マリガンでは1コストと2コストはどんなカードであれ、キープします。

採用カードについて

重要カードは3種類

天外の華・エレノア」「開闢の錬金術師・カリオストロ」「真実の宣告」の3種類が重要。

特に、天外の華・エレノアはファンファーレでスペルブーストができる上に、進化でスペルも手に入るので、1ターンで2体の敵フォロワーを倒すことができるというパワーカード。

このカードがあるからこそ、暗黒デッキを作ることができます。

ルーキーマジシャン・サミーは使いどころが大事

ルーキーマジシャン・サミーは2コストは10枚以上欲しいと思ったのとドロソがどうしても来ない時のために採用しています。

カードの効果により両方のプレイヤーがドローをするため、ドローが細くなりやすいアグロデッキにはお得しかありません。

そのため、相手がアグロデッキの場合はこちらの手札がよほど細くならない限りは場に出しません。

対面について

AoEがないので、アグロや展開してくるようなデッキがやや不得意。

アグロ系のデッキには真実の宣告マナリアの防陣で凌ぎながら、相手が息切れするまでこちらが耐えることができるかどうかにかかっています。

また、後半にスタッツの高いフォロワーを展開して、相手のリーダーの体力を一気に削る戦い方をするため、フォロワー処理が得意なAFネメや伊達ポセの動きが一番苦手です。

回し方

序盤

知恵の光はスペブ用に温存とかはせず、ドローのために使っていきます。

天外の華・エレノアのスペブ対象は対面と手札の都合もあるので、その時で変わるのですが、運命の導きと真実の宣告が優先です。

中盤

天外の華・エレノア開闢の錬金術師・カリオストロを進化したり、ウィンドブラストで盤面を処理しつつ、コストを下げた運命の導きでドローをするのが基本の動きになります。

アルス・マグナはフォロワー以外に相手リーダーにもダメージを与えることもできるので、できるだけ温存したいです。

盤面次第ですが、6ターン目にスペブが7以上溜まっていたら、真実の宣告を使って、ガーディアンゴーレムを置いたりします。

中盤から終盤にかけては意外と選択肢が多いです。

終盤

盤面処理を続けながらドローをし、暗黒の召喚士を出すタイミングを窺います。

暗黒の召喚士を出す時はコストを下げたフレイムデストロイヤー真実の狂信者と一緒に出す動きが強いです。

ただ、暗黒の召喚士を無理してでも出すということはせず、盤面処理をしつつ強い盤面を作るように意識します。

場面によっては真実の宣告+真実の狂信者といった組み合わせやアルス・マグナなど暗黒の召喚士以外でリーサルを狙うことも多いです。

開闢の錬金術師・カリオストロは後半のエンハンスでプレイすることによりアルス・マグナと込みで1対2交換及び体力回復が狙えるので、後半でもよく働いてくれます。

あくまでフリマで遊ぶ程度で

このデッキはネタ枠のものだと思うので、ランクマに持っていくとせっかくのBPが溶けることのほうが多いと思います。

使っていて、「厳しいな……」という場面も多いので、一度、試してみたいという人はフリマで楽しむ程度にしてください。

ウィッチはベーシックカードが優秀だから、ゴールドで強いカードが追加されるとわりかしレジェなしでもデッキ作れるクラスなのかもしれないと、この暗黒ウィッチを使いながら思いました。