BP盛れると聞いたので、リーシェナコントロールでローテAAランクマ

f:id:aisakayo:20190124192432j:plain

こんにちは、リーシェナが盛れるというネットの書き込みを信じた桜雨です。

今、ネメシスはローテでもアンリミでもそんなに活躍しているイメージはないですが、リーシェナで盛れるのなら試さないわけにはいきません。

そういうわけで、今回は純粋にリーシェナだけのデッキを作ってみました。

今回のデッキがこちら

f:id:aisakayo:20190124192459j:plain

デッキ名がリーシェナアグロとなっています。

理由は最初、アグロとして作っていて、その頃につけた名前をコントロールに変更し忘れたから。 

カード一覧

【1コスト】「虚数物体」3枚

【2コスト】「ハーメルン」3枚、「機構翼の少女・ローザ」2枚、「フラワードール」3枚、「リトルパペッター・ロココ」3枚、「破壊の信者」3枚、「レジスタンスの指導者・ルキナ」3枚、「マリオネットボーイ」3枚

【3コスト】「すり替わり」3枚、「静謐なる歯車」3枚、「パペットルーム」3枚

【4コスト】「破壊の絶傑・リーシェナ」3枚、「破壊の歌声」3枚

【5コスト】「心無き決闘」3枚

デッキコンセプト

マリガンでリーシェナを全力で探して、リーシェナを進化して、アミュレットを置く。

それ以外の勝ち筋は0という引き運が試されるアームデッキです。

そのため、採用カードは除去力が高かったり、ドローカードを中心に採用しています。

マナカーブはもろアグロですが、戦い方はコントロールに近いです。

採用カードについて

虚数物体と心無き決闘はマナリア対策

虚数物体心無き決闘アンの大魔法闇喰らいの蝙蝠を回避します。

機構翼の少女・ローザはアグロ対策

機構翼の少女・ローザは共鳴で守護を持ちます。

アグロイやアグエルを止めることが主な仕事です。

2/1/4というスタッツはマナリアの魔弾を受けても倒されないのも偉い。

他にも理由があって、機構翼の少女・ローザの前に、アグロ対策として入れていた人形遣いの糸が思った以上に腐ったから。

ランクマに潜った時間帯はマナリアが多かったので、マナリアの魔弾で倒されない機構翼の少女・ローザのほうが腐らなかったんですよね

レジスタンスの指導者・ルキナで横並びを作れる

レジスタンスの指導者・ルキナは破壊耐性をネメシスフォロワーに持たせることができるため、操り人形が相手のターン終了時に壊れずに場に残り続けます。

これを利用して、中盤は盤面いっぱいに人形を並べ、相手に処理を強要できます。

個人的に、人形を使いたいレジスタンスの指導者・ルキナと人形を溜めこむ必要がある人形の少女・オーキス復讐の人形遣い・ノアとは相性が悪いと思っています。

そのため、リーシェナのサブプランとして採用されることが多い人形の少女・オーキスは不採用です。

マリオネットボーイは進化権が温存できる

マリオネットボーイはフレイバーテキストでは病気の妹ともども人形に改造されてしまう悲劇の少年。

進化前が改造前で、進化後が改造後の姿です。

そんな設定が反映されているのかエンハンスで進化するため、進化権をリーシェナに残すことができます。

進化すると、ラストワードで操り人形1体も手に入ります。

この人形が妹なのかもしれませんが、これにより1対2交換を狙ったり体力5のフォロワーを倒すことができます。

静謐なる歯車と破壊の信者でリーシェナをドローしやすくする

勝ち筋がリーシェナしかないので、リーシェナをドローするために2つのドローソースを採用しています。

低コストしか採用されていませんが、操り人形とドローソースのお陰でリソース切れを起こし辛く、長期戦が可能です。

このデッキの長所

リーシェナさえあれば盤面処理だけでいい

盤面処理だけしてれば、相手のリーダー体力はアミュレットが削ってくれるところが最大の長所です。

現環境でほとんどメタられていない

現環境でネメシスはほとんどいません。

リーシェナはさらにいません。

そのため、堕天を積んだデッキが少なく、氷獄の王・サタンが相手にあるかどうかだけ注意していればいいです。

このデッキの短所

リーシェナありき

破壊の絶傑・リーシェナを引かないとお話になりません。

長期戦でもリソース切れはし辛くとも相手の体力を削るほどの力はないです。

手札が減りづらい

ベースは人形ネメシスです。

人形ネメシスは手札が減りづらいという特徴があります。

破壊の絶傑・リーシェナを引くために、ドローソースをプレイしたいけど、ドローしたら次ターンのドローが燃えるから、プレイできないこともしばしば。

手札が減りづらいため、ドローソースである静謐なる歯車が腐りやすいです。

ただ、破壊の絶傑・リーシェナをドローするために必要なので3積みにしています。

アミュレットを消されると困る

勝ち筋はアミュレットだけなので、消されるとそこで終わりです。

ストレスが半端ない

対戦前「リーシェナ来るかな?来てくれないと困るなー」

マリガン「リーシェナ来い! それがだめならドロソ来い! 2コス来い! 間違っても破壊の歌声心無き決闘は今は来るな!」

序盤「リーシェナ来るかな? 来ないかな?」

中盤「リーシェナまだかよ!」

後半「ここで虚数物体立てないといけないのに、黒き破壊のアーティファクトのコストが下がりきってない! このままだと虚数物体の生贄になってしまうーっ!」

最初から最後までこんな感じです。

なんというか、気持ち的には綱渡りしてる感じ。

回し方

マリガンは全力リーシェナ

できるだけ早いうちに破壊の絶傑・リーシェナに進化を切れるかどうかが勝敗の分かれ目になります。

序盤

破壊の絶傑・リーシェナがある場合は進化の前ターンにパペットルームを置き、人形を温存したいです。

リーシェナの進化後に操り人形をプレイし、白き破壊のアミュレットのコストを下げていきます。

リーシェナがない場合は盤面処理に役立つパペットルームではなく、静謐なる歯車破壊の信者のドローソースを優先してプレイします。

ただ、ロイヤル・エルフ・ネクロといった低コストを並べるアグロ展開をしてくるクラスに対しては、リーシェナがなくても当然盤面を優先です。

中盤

白き破壊のアミュレットは早いと6ターン目に置けます。

ただ、無理して置くことはせず盤面処理とフォロワーの展開を優先するのが基本です。

レジスタンスの指導者・ルキナがあれば、操り人形に破壊耐性を付与することにより2コストだけで盤面を埋めることができます。

余った分のコストを破壊の歌声すり替わりといったスペルに回せます。

フォロワーを場に展開すれば、相手も放置はできないため、白き破壊のアーティファクトのコストは勝手に下がっていきます。

終盤

白き破壊のアーティファクト黒き破壊のアーティファクトで相手リーダーのライフを削り切ります。

白き破壊のアーティファクトを置く時は、黒き破壊のアーティファクトのコストをどれだけ下げることができるか最短で置くためにはどうするかを考えます。

白黒のアーティファクトを置く時が一番の隙になりやすいので、できるだけ自分にとってお得かつ低リスクになるように置くことが大切です。

上手く置けた後はロイドを置いたり、手札の邪魔なフォロワーを置いたりして、相手のリーダー体力がなくなるのを待ちます。

結局、このデッキでBPは盛れたのか?

引き運にかなり左右されるから、調子いい時は連勝したし、駄目な時は駄目。

結局、勝率は五割弱って感じでBPは微増。

相手が破壊のアミュレットに対応できなくてリタイアすることも珍しくないので、上振れが続く調子が良い時はもう少し勝てるのかもしれないです。