1年前のデッキと馬鹿にされるAFデッキでAAローテランクマ日記

f:id:aisakayo:20190128165744j:plain

こんにちは、甘い物を食べまくっていたら喉の渇きが止まらなくなった桜雨です。

甘い物を控えたら喉が渇かなくなったので、何事もやりすぎてはいけないということを学びました。

で、最近、AFがトッププレイヤーがご愛用していると話題の一方で、「1年前のデッキで戦ってやがるww」となんかの動画で笑いものにされていました。

 今回はトッププレイヤーご愛用なのに、笑いものにされる上に余命2ヶ月といわれているAFデッキでランクマに潜ってみました。

今回のデッキ

f:id:aisakayo:20190129192845j:plain

デッキ内容

【0コスト】「生命の量産」3枚、「オートメーション」3枚

【1コスト】「製造術」3枚、「加速装置」3枚、「虚数物体」1枚

【2コスト】「魔鉄の獅子」3枚、「ハーメルン」3枚、「機構翼の剣士」1枚、「イカロス」3枚、「造られし命・ミリアム」3枚

【3コスト】「熱狂の機兵士」3枚、「すり替わり」2枚

【4コスト】「異次元からの侵略」3枚

【5コスト】「ハクラビ」3枚

【6コスト】「デウスエクスマキナ」3枚

デッキコンセプト

徹底的にAFシナジーにこだわった構築

今はデウスエクスマキナが来なかった時の保険用として、破壊の絶傑・リーシェナを入れる構築とかあります。

私も一時期、入れてみましたが、破壊の絶傑・リーシェナが邪魔になることが多いので抜きました。

結果的に、AFの出し入れに関係するカードばかりの構成となり、徹底的にシナジーに尖った感じになっています。

シナジーに寄り過ぎて下振れた時どうするのかという問題は、リタボタンを押して違うデッキを使うもしくは2Pickをやるで無事に解決しました。

前弾までのAFと比べて

異次元からの侵略が偉い

同じようなカードで5コストの異界転送もあるのですが、4コストかつ共鳴でAFを2枚ドローできる異次元からの侵略のほうが100倍使いやすいです。

このカードとハクラビのお陰で、デウスエクスマキナが引けなくても凌げることが多くなりました。

ハクラビ異次元からの侵略でAFをドローして並べて、アグロ戦略で押し切ることもドラゴンやウィッチでは可能です。

ミラーでは加速装置アナライズAFやらで全処理されてしまうので、この戦略はとれないんですけどね。

ミラーについて

動画の影響もあって、AAのローテでもAFが増えています。

AFミラーも他のデッキと一緒で先攻有利ですね。

戦った印象だとシルヴァやシルヴィアとか機動鎧装とか色々なカードが入っているデッキが多いです。

一時期、シルヴァは入れていたんですが、気がつけば抜けていました。

ミラーを考えると、機動鎧装はすぐに除去されるので弱いですが、アグロを見るんなら強いカードだと思います。

加速装置の重要度が低くなっている

加速装置はPPをちょろまかせるし、アナライズAFミスティックAFを突進させることができるのですごいカードではあります。

しかし、今環境は横並びデッキが少ないので、エンシェントAF2枚くらいで盤面処理が事足りてしまうことも多く、対戦で活躍しないことも増えました。

ただ、PPちょろまかし器はコスト踏み倒しができるため、3積みのカードであることに変わりはありません。

対面について

不利なしというわけではない

不利なしといわれることもあるのですが、基本はミッドレンジデッキなのでアグロには不利です。

だから、AFが増えるとAFを狩るためのアグロが環境に増えます。

ただ、デウスエクスマキナがなくてもある程度戦えるようになったので、昔ほどアグロに苦戦しない感じ。

AFデッキでランクマに潜ってみて

変わったエルフデッキと対戦したのが印象的

今のエルフは対戦するとゴリラ9割に翠嵐アグロ1割なのですが、どちらでもないデッキと対戦しました。

不殺系の低コストフォロワーやアミュレットが入っていて、ホーネットソルジャーの蜂の毒針でトドメさされました。

展開されてアーボリスト・ライラでバフというアグロムーブに対応できず、あえなく負けました。

不殺に寄ったデッキって珍しいと思うんだけど、私がたまたま対戦してないだけかなー。