久し振りに使ったら、そこそこ勝てたマナリアでローテAAランクマ日記

f:id:aisakayo:20190304160628j:plain

こんにちは、蒙古タンメンに牛乳を入れ、辛味オイルは入れないで食べる桜雨です。

蒙古タンメンのカップ麺は旨味がすごく濃くておいしいんだけど、いかんせん辛すぎます。

その辛みを抑えるために牛乳を入れるといいと聞いたので、牛乳を入れました。

残った辛みオイルは今度、豆腐を豆乳で煮る湯豆腐にでも入れようと思います。

 そんなことはいいんですが、久し振りにマナリアを使ったら、勝てたのでその日記です。

今回使ったデッキがこちら 

f:id:aisakayo:20190304154155j:plain

採用カード

【1コスト】「知恵の光」3枚、「マナリアの知識」3枚

【2コスト】「マナリアナイト・オーウェン」3枚、「マジックミサイル」3枚、「ウィンドブラスト」3枚

【3コスト】「マナリアの竜姫・グレア」3枚、「マナリアライター・ティコ」3枚

【4コスト】「マナリアの見習い教師・パスカル」2枚、「ノヴァフレア」2枚

【5コスト】「運命の導き」3枚

【7コスト】「光魔法の教師・ミラ」3枚

【8コスト】「炎の握撃」3枚

【9コスト】「マナリアの魔導姫・アン」3枚、「真実の狂信者」3枚

この構築について

今のマナリアはジルか竜術士を入れるみたいだけど……

ツイッターで今のマナリアについて調べてみたら、ウィンドブラストと炎の握撃の枚数を減らすか抜いて、ジルか竜術士もしくは両方を入れる構築が多いんです。

一度はジルや竜術士入りでやったんですが、個人的にフォロワーを展開するより除去しながら、最後にアンの大魔法で倒すという戦略のほうが合っていたみたいで、馴染まなかったんです。

すっかりマイナーになったマナリアを使った理由

いっぱいアグロネクロがいたから

サタンドラを使って潜っていたんだけど、その日はアグロネクロがいっぱいいて、狩られまくりました。

アグロネクロを狩りたいなーと思っていたところに、昔、アグロデッキを環境から消したマナリアウィッチがデッキリストにありました。

マナリアが弱くなったので使わなくなり、デッキリストから消すのを忘れていたものです。

そんな誰も見向きすらしないような路上の石扱いされていたこのデッキが、たまたま目に入ったので、なんとなく狩れるかなと思って使ってみました。

そうしたら、あっさりと狩れた。

守護連打できたから勝てたのですが、ミラがナーフされて弱体化していてもアグロネクロには何故かとても強かったです。

今回のデッキはマナリア一強時代に使っていたもので、今の環境には全く対応してないんですけど、守護と除去はどの環境でも強いですよね。

使ってみた感想

あの頃の強さは何だったんだよってくらいには弱体化

基本的にローテーションはカードプールが狭いから、強いデッキが1強になったりと環境が極端なのはわかっていてもマナリア弱くなったなーと思います。

ただ、守護・除去が豊富でリーサルがわかりやすいから、完全に環境にいなくなったわけじゃないんですよね。

負けるデッキは増えたけれど、マッチ運によっては勝てないわけではないっていう立ち位置。

おすすめはしないけれど、サブデッキとして持つ分にはまだ使える。

低ランクであれば、しばらくはマナリアだけでランクを上げることもできそう。

マナリアライター・ティコの使い勝手が悪い

ラストワードでマナリアの防陣がもらえるわけだから、弱いわけがない。

でも、実際使うと本当になかなか場に出す機会がなくて弱く感じる。

2積みにしてもいいかもと思いつつ、ティコに共感&哀れみを感じて抜けない。

英語版のティコのカード名を日本語に直訳するとマナリアのダサいオタク・ティコ。

英語にはオタクを現す単語が複数あるみたいだけど、ダサい呼ばわりされるほうのオタクをつけられていて、本当に可哀そう。

ダサいオタクって私のことだとと共感してしまい、本当に抜けません。

私がダサいのは痛くもかゆくもないけれど、ダサい呼ばわりされる女子高生のティコは本当に可哀そう。

でも、最近、ロイヤルのオクトリスにラストワードを盗まれて困る。

今のローテのウィッチはやっぱりマナリアより秘術

オリハルコンゴーレムと始祖を持っていないので、秘術は作れないのですが、本当に今秘術を使ってみたい。

ちなみに、マナリアは秘術に負けるんですよね。

秘術と戦うたびに、「いいな。私も秘術使いたいな」「いいな。秘術使いたいな」「君のそのデッキ、私も欲しいな」「それくれよ」と思ってるんです。

カードも作りたいって思っています。

でも、マナリアの始祖が次で落ちるんですよね。

それが今月末なんですよね。

次の環境でどうなるかわからないデッキのカードを生成する勇気が私にはなかった。