パワカ連打のサタンウィッチでローテランクマ

f:id:aisakayo:20190603054343j:plain

こんにちは、異世界転生物のネット小説にハマっている桜雨です。

生まれ変わったら、チート能力をもらって無双の上に、チヤホヤされてハーレムも作れるって夢があるところがいいですよね。

そんなことはどうでもよくて、今回はサタンを採用したウィッチでランクマに潜ってみました。

今回使用のデッキ

f:id:aisakayo:20190603054406j:plain

【1コスト】「知恵の光」3枚、

【2コスト】「魔術の王・ソロモン」3枚、「マジックミサイル」3枚、「ウィンドブラスト」3枚

【3コスト】「天外の花・エレノア」3枚、「ウィズダム・コア」1枚

【4コスト】「蒼の反逆者・テトラ」2枚

【5コスト】「運命の導き」3枚

【6コスト】「真実の宣告」3枚

【7コスト】「真実の絶傑・ライオ」1枚、「真実の掟」1枚

【8コスト】「マシンエンジェル」3枚、「炎の握撃」3枚

【9コスト】「氷獄の王・サタン」1枚、「真実の狂従者」3枚

【10コスト】「道の求道者・クラーク」3枚

今回の構築について

ウィッチを使いたいとやっとの思いでエーテルを捻出しました

ウィッチはゴールドですら排出率が悪く、レジェンドもほとんどないため、スペルウィッチは作れないと思っていました。

ランクマでもみかけるようになり、どうしても作ってみたくなったので、やっとの思いでエーテルを捻出し作成。

テトラとソロモン、ライオの枚数が半端なのはそのせいです。

色々試した結果、サタン採用型が一番勝てた

今、カードプールが狭いローテでありながら、スペルウィッチは色々な型があるらしく、私もカードがないなりにそれなりに試しました。

結局、アクセラレートでサタンを使って、コキュートスのパワカをドローしてぶつけるというわかりやすい戦い方をするデッキに落ち着いた次第です。

このサタン採用の構築は有識者の人は誰もやってないっぽいから、弱いとは思うんだ。

でも、他の型で勝てないんだよなー。

使ってみた感想

ソロモンを使いこなすのが難しい

ソロモンがとにかく面倒くさい。

ライオをドローしようと思って、スぺブを確認したら、7を超えてることが多いし、ドロソが多いから、ピン刺しなのに7ターン目前に引くことも多いし。

でも、本当はライオを引く用のカードじゃないのもわかった。

0コストでクラークをドローして、PPを使い切った後に0コストのクラークを場に出して、ディスカ&ドローとPP回復の動きでさらにPPを踏み倒す用のカードのところまでは理解できた。

ウィッチの構築は難しい

今までウィッチはマナリアとドロシーというレジェンドが少なくても作れるデッキばっかり使っていました。

スペルウィッチに分類されるタイプのデッキは今回初めて触ったのですが、構築が本当に決まらない。

このブログのデッキ画像を用意した後にもデッキをちょこちょこいじっています。

ライオを出す前に真実の宣告が3枚来た時のやるせなさがやばい

コキュートスのパワカや狂信者を投げて勝つ以外にも真実の宣告もリーサル手段の1つ。

スぺブは多ければ多いほどいいのでライオ後にドローしたいのですが、早めに来ちゃう時は来ちゃうんですよね。

それでも、スぺブは簡単に10以上溜まるのでガチャ次第では結構なダメージにはなりますが、序盤に来られると単なる事故要員。

上振れた時の強さが本当にヤバイ

ウィッチは前半の動きが弱いというデッキですが、その分、後半爆発しまくります。

7ターン目にライオが着地したあとはドローさえできれば除去も楽々だし、一気に楽になります。

クラークを0コスで出して、pp回復できた場合、2ターンか3ターンないとできないことを1ターンのうちにできるわけだし(時間切れにもなりやすいけど)。

ただ、下振れた時の弱さも酷い。